【画像あり】岸部四郎(シロー)の昔(若い頃)や浪費癖のエピソードは?

タレントの岸部四郎(シロー)さん(71)が拡張型心筋梗塞による急性心不全のために8月28日に亡くなっていたことがわかりました。

岸部四郎(シロー)さんといえば、昔(若い頃)ザ・タイガースのメンバーとして活躍された他、1978年に放送されたドラマ『西遊記』では沙悟浄役を務め、1984年からはワイドショーの『ルックルックこんにちは』で2代目司会者を務めるなど一躍人気タレントになりました。

一方で浪費癖があり、そのせいで多額の借金を抱えていたりと波乱万丈な人生を送られた方で、昔(若い頃)や浪費癖に関するエピソードには事欠きません。

晩年は借金や病気などで大変な人生を歩まれたかと思いますが、だからこそ昔の活躍されていた若い頃のエピソードや浪費癖が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク




【画像あり】岸部四郎(シロー)の昔(若い頃)の画像は?

出典:https://article.auone.jp/detail/1/5/9/

岸部四郎(シロー)さんといえば、昔(若い頃)ザ・タイガースのメンバーとして活躍された他、1978年に放送されたドラマ『西遊記』では沙悟浄役を務め、1984年からはワイドショーの『ルックルックこんにちは』で2代目司会者を務めるなど一躍人気タレントになりました。

まずはそんな岸部四郎さんの若い頃の画像を見ていきましょう。

年齢を重ねてからも若い頃の面影が残っていますね。特に目と鼻が印象的で髪型を変えれば、晩年の岸部四郎さんにもそっくりですね。(本人なので当たり前ですが 笑)

ところで、この髪型は現在でいうとロッチの中岡創一さんに似ていますね。
どちらも眼鏡をかけているので余計にそう感じるのかもしれませんが 笑

ちなみに1978年に放送されたドラマ『西遊記』では沙悟浄役を務めた時の画像がコチラ↓

この時、岸部四郎さんが演じた沙悟浄役が非常に役にハマっていると評判だったそうです。西遊記はキャストを変えて何度かリメイクされていますが、岸部四郎さんを超える沙悟浄役は現れないといわれたほどらしいです。

先ほどの若い頃の写真はロッチの中岡創一さんに見えましたが、こっちの沙悟浄の時の写真はロバートの秋山竜次さんに似ているような気がします 笑

スポンサードリンク




岸部四郎(シロー)の昔(若い頃)のエピソードは?

ザ・タイガース時代のエピソード

◎ザ・タイガースに加入した当初はギターを弾こうと練習を始めるも全く弾けず、弾き真似がお客さんにバレバレだった。

◎ギターが弾けなかったため、タンバリンになったが結局タンバリンも「ジュリー(沢田研二さん)の邪魔になったらいかん」ということでタンバリンにも音が出ないよう細工してあった。

◎ステージ上であえて関西弁を話し、当時アイドルではタブーとされていた眼鏡を着用。

西遊記でのエピソード

西遊記は海外でもヒットし、海外でのインタビューで「あなたは沙悟浄ですか?」と聞かれ「そうだよ」と返答。それにより現場がパニックになったとか。

◎西遊記の収録中に共演していた三蔵法師役の夏目雅子さんを口説いたらしい。その時の口説き文句が「俺は1億持っている」だったとかいう噂がある。

アイドルをやっていた時期があったんですね。個人的にはそれが一番おどろきでした。

私は俳優やタレントとしての岸部四郎(シロー)さんしか知らないので、同じように岸部四郎さんにはアイドルのイメージが全くないという方も多いのではないでしょうか。

それにしても「あなたは沙悟浄ですか?」と聞かれ「そうだよ」のやりとりだけで現場がパニックになるということは本物に見えるほど沙悟浄に似ていたんでしょうね 笑

スポンサードリンク




岸部四郎(シロー)の浪費癖のエピソードは?

◎岸部四郎さんは生来貯金が苦手らしい上に、人が好すぎて連帯保証人を次々に引き受けた。

◎様々な事業(ヘリコプターのヘリコミューター、アメリカのディスコ買収など)に手を出しすぎて失敗を繰り返した。

◎骨董品の収集という浪費癖があり、それも自己破産への大きな原因となった。

最終的には事業の失敗など諸々を含めて約20億の借金を作ってしまい、自己破産を余儀なくされました。その影響で事務所も解雇され芸能活動も自粛せざるを得ない状況に。

また自己破産する前に雑誌で「俺の目利きはかなりの物。コレクション売ったら購入価格以上になる。億はつかったけどこれは資産」「骨董に嵌って破産するようなやつは馬鹿」というコメントを残している。

このコメントからもかなりの浪費癖があったのは事実のようです。

「骨董に嵌って破産するようなやつは馬鹿」とはなんとも皮肉なコメントになってしまったようです。

スポンサードリンク




岸部四郎(シロー)についてのまとめ

昔(若い頃)の岸部四郎(シロー)さんの画像は?
昔(若い頃)の髪型は今で言うとロッチの中岡創一さんに似ている。
沙悟浄に扮している時はロバートの秋山竜次さんに似ている。

岸部四郎(シロー)さんの昔(若い頃)のエピソードは?

ザ・タイガースに加入した当初はギターを弾こうと練習を始めるも全く弾けず、弾き真似がお客さんにバレバレだった。
ギターが弾けなかったため、タンバリンになったが結局タンバリンも「ジュリー(沢田研二さん)の邪魔になったらいかん」ということでタンバリンにも音が出ないよう細工してあった。
西遊記は海外でもヒットし、海外でのインタビューで「あなたは沙悟浄ですか?」と聞かれ「そうだよ」と返答。それにより現場がパニックになったとか。

岸部四郎(シロー)さんの浪費癖のエピソードは?

岸部四郎さんは生来貯金が苦手らしい上に、人が好すぎて連帯保証人を次々に引き受けた。
様々な事業(ヘリコプターのヘリコミューター、アメリカのディスコ買収など)に手を出しすぎて失敗を繰り返した。
骨董品の収集という浪費癖があり、それも自己破産への大きな原因となった。
「俺の目利きはかなりの物。コレクション売ったら購入価格以上になる。億はつかったけどこれは資産」「骨董に嵌って破産するようなやつは馬鹿」というコメントを残している。
スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする