手越祐也がサッカーよりジャニーズを選んだ理由とは?

ジャニーズ事務の退所から数か月経ちますが、その後もそのチャラいキャラで何かと世間を騒がせている手越祐也(32)。そんな手越が7月25日(土)に東京の江戸川区で行われたサッカー教室にボランティアのゲスト講師として登場したという。

芸能界でもサッカー通として知られる手越ですが、サッカーの実力もかなりのものだという。

幼少期からサッカーをしていたこともあり、少年時代はJリーガーを目指していたこともあるというが、なぜサッカーよりジャニーズを選んだのかが気になったので調べてみました。

スポンサードリンク




手越祐也のプロフィール

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qVgPtUM01PE

名前:手越 祐也(てごし ゆうや)

生年月日:1987年11月11日(32歳)

出身:神奈川県横浜市

職業:歌手、俳優、タレント、YouTuber

略歴

2002年12月、15歳でジャニーズ事務所に入所し、10か月後の2003年9月15日に男性アイドルグループNEWSのメンバーに選ばれる。

2007年11月24日放送のフジテレビ系単発テレビドラマ『しゃばけ』でドラマ初主演。

2010年春、「アイドル業を120%やりたい」という理由で4年生で大学を中退。

2012年から2019年までFIFAクラブワールドカップを中継する日本テレビ系番組で8大会連続でゲストやメインキャスターを務め、2014年と2018年には2大会連続でFIFAワールドカップの日本テレビ系メインキャスターを務めた。

6月19日、NEWSからの脱退とジャニーズ事務所との契約終了が発表され、同日にTwitterアカウント・YouTubeチャンネルを開設。今後の活動はTwitterで発信するという。

6月23日、記者会見を実施。自身のYouTubeチャンネルでも生中継を行った。最大で130万人が視聴するなど、大きな反響を得た。

7月16日、自身の会社を設立したことを明らかにした。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E8%B6%8A%E7%A5%90%E4%B9%9F

非情にポジティブ思考であり、「地球でトップ3くらいに入るくらいにポジティブ」をキャッチフレーズにしている。

「落ち込むのは時間のムダだと思っているから、一人で悲しみにくれるぐらいなら無理してでも友達と会って騒ぐ。そうすれば、自然とポジティヴになっていくから」

という考えをもっていることを明かしている。(蜷川実花(著) 『Mgirl』 No.20 2017SS P.025より)

今回のジャニーズ事務所退所となったきっかけである外出自粛期間中にパーティーを開催した件は「落ち込むのは時間のムダだと思っているから、一人で悲しみにくれるぐらいなら無理してでも友達と会って騒ぐ。そうすれば、自然とポジティヴになっていくから」という考え方が悪い方に出てしまったのかなという印象です。

手越はその明るいキャラクターや持ち前のポジティブさ等からグループ内ではセンターを務めることが多く、センターに立つことに対して

「センターに立つ以上、NEWSのシールドになろうって。グループへの批判も、ほかの3人への批判も全部、俺が全部受け止めようって決めた。‘批判がある方は手越までどうぞ’みたいな感じ。そのかわり、ほかの3人のことは言わないでって。ずっと立ちたかったセンターなんだから、それくらいしないとね」「弱みを見せるセンターなんてナンセンスでしょ?」

出典:『Myojo』2015年9月号 1万字インタビューより

と語っている。

チャラい外見や言動から軽く見られることの多い一方で、この言葉からは本人なりのセンターとしての責任と覚悟が感じられて、良くも悪くもとことん突き詰めるタイプのようですね。

スポンサードリンク




サッカーはいつから?

手越は自身のサッカーの来歴についてこう語っています。

「サッカーは4歳からやっていました。小学生のときは地元のクラブチームの一員として神奈川県の大会に出場して、ヴェルディ(川崎/当時)とか(横浜)マリノスのユースなんかと、よく試合をしていました。神奈川で2位になったこともあります」

「都大会への出場をかけた地区大会があって、決勝で負けてしまったんです。でもじつは、チームの主要メンバーが、東京都の選抜を受ける試験の日とぶつかって、出場できなかったという裏話があって。  俺も、一次審査は通過していた。二次審査と決勝がぶつかって、決勝に出ることを選んだんです。二次を受けても東京都選抜選手になれるか、わかりませんでしたし」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5fd74774e62c95c3e008b78a70a614d0a052ae47

手越は4歳のころからサッカーを始めたそうで、小学校、中学校と続いていたようです。特に中学校は明治大学附属中野中学校に通っており偏差値67の難関校だったそう。さらにクラブによってはプロが教えに来ることもあったというかなりのスポーツ進学校でサッカーをしていたみたいです。

その実力は2017年に行われた音楽業界のサッカー好きが集まるフットサル大会『音蹴杯』でチーム優勝と個人MVPを勝ち取ったほどだという。

かなりのスポーツ進学校に通い、確かな実力を持ちながらもサッカーではなく、ジャニーズを選んだ理由は何だったのでしょう?

スポンサードリンク




手越がジャニーズを選んだ理由とは?

手越がサッカーよりジャニーズを選んだ理由の一つが本人から明かされています↓

「Jリーガーを目指していました。でも中2~中3になると、うまいやつはめちゃくちゃうまくなってきて、『サッカーの道に行きたいけど、きついなあ』と感じるようになった。それでジャニーズを目指すことにしたんです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5fd74774e62c95c3e008b78a70a614d0a052ae47

Jリーガーになってサッカーの道に進みたいと思っていた頃もやはりあったようですね。

しかし、そこは狭き門と感じたのか、それからジャニーズを目指すことにしたようです。
ジャニーズも充分狭き門だと思いますが、、、笑

そんな手越がサッカーを諦めて他でもないジャニーズを目指すことにしたのにはこんな理由が?!

手越『女の子にキャーキャー言われたいから』

だそうです 笑

さすがというかなんというか、、、

ここまでくるとその軸のブレなさが素晴らしいと感じてしまいます。

スポンサードリンク




まとめ

チャラく見られがちな手越ですが、彼の中にもしっかりした信念があるようです。

サッカーよりジャニーズを選んだ理由には「さすが手越」の一言です。

現在はそのジャニーズも辞めて、新しい道に進もうとしていますが、持ち前のポジティブ思考でとことん突っ走ってほしいですね。

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする